So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

覇者の病か?衝撃の「貧困大国の真実」“COURRiE Japon MAR.2010” [雑誌]


COURRiER Japon ( クーリエ ジャポン ) 2010年 03月号 [雑誌]

COURRiER Japon ( クーリエ ジャポン ) 2010年 03月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: 雑誌


R+さんより献本いただきました。ありがとうございます!
「クーリエ・ジャポン」3月号の特集は
堤未果さん責任編集の
「オバマ大統領就任から1年貧困大国(アメリカ)の真実」です。
米国といば、軍事大国、経済大国、自由と平等の国というイメージ。
でも、実はそうではないことが、最近というか近年の報道から伺い知ることはできたのですが…。
この特集によって「自由と平等」というメッキが見事に剥がされました。
歪みの生じたアメリカを正していく、希望の光だったはずのオバマ大統領。
過渡期というのは何かと問題がおこるもの、人気にも陰りがでることだってある、と期待は残っていました。
でも、アメリカの病はあまりにも重篤だったようです。
この特集を読んで愕然としました。
自由には責任が伴うとはいえ、あまりにもいきすぎな市場原理に経済優先なのではないか……、と。

冒頭の堤さんのインタビュー記事が秀逸です。特集全体を見通す「まとめ」になっているとともに、米国の現状を鋭くついています。
「なんかおかしいな」と思いつつも、これまでの「自由と平等」というイメージに目隠しされてきた米国の偶像が、ガラガラと音をたてて崩れ去りました。
とはいえ、不安要素ばかりでなく、
「イメージに踊らされず、何が起きているかを正確に知り、決して政治から目を離さないことが、この流れを止める力になる。」と気づいた人々が立ち上がりはじめていて、それこそが「真の希望」ではないかとインタビューの最後で述べています。
やはり、大国として、「自由と平等の国」として国を支えてきた米国民の底力のようなものがあるのだな、という感想を持ちました。

いずれも衝撃的な内容でしたので、特集のそれぞれの記事について感想をメモ。
part1:「貧困大国」は変わったか?
この記事内で紹介されている「フードスタンプ」は知りませんでした。問題もあるのかもしれませんが、「食」が保障されるというのは安心感につながります。
part2:人間の尊厳を奪う「医療崩壊」
日本では「国民皆保険制度」があり、かつてはそれがあたりまえなのかと思っていました。
以前、米国のテレビドラマ「ER」で「この人は保険に入ってないから云々」「この保険ではあのクスリはだめ、あの治療はできない」「メディケアだとこれはできない」等々ちょっと??な台詞がでてきました。
その後アメリカの保険制度は違うということをしり、びっくりしました。
オバマ大統領が行おうとした医療制度改革がどうして受け入れられないのか、どんな形に変わってしまったのか…。なんか恐ろしいです。生存権が保障されていない社会なんて。
「タイム誌記者の家族が直面した民間医療保険の“不都合な現実”」には震え上がりました。ほとんど、詐欺かと思ってしまいました。
part3;学生を借金漬けにする教育システム
この国はどうしちゃったのだろう?と思うわずつぶやきました。将来を担うはずの学生を食い物にし、しかも教育の機会を奪うような現状。
part4;民営化で加速する「刑務所ビジネス」
刑務所は新たな奴隷工場? 
これじゃあ更生なんてできないのでは??
さらにびっくりしたのは、保護観察ビジネス。
奴隷狩りの手段としか思えませんでした。本気で更生し、犯罪を繰り返す生活から抜け出したい人の道を閉ざしているなんて!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。