So-net無料ブログ作成

ジブン手帳にトラベラーズノート風のカバーを作ってみた [stationery]

来年、2016年はとうとうジブン手帳デビュー!
というわけで、さっそく購入。
でも、ビニールカバーというのが今ひとつだったので、
ガラ入りでエディションなのにもかかわらず、革を買ってきて、
トラベラーズノート風のカバーを作ってみました。

作り方は至って簡単。
30センチ四方にカッティングされた革を購入。
ビニールカバーをざっとあてて、革に見当をつける。
左右の幅は30センチのまま、天地を23センチに切りました。
革用のナイフなどはもっておらず、大きめのカッターナイフでばっさり。

左右のセンターの上の方と、下の方、それぞれにサークルポンチなるもので穴を二つ縦にあける。
おおよその位置はトラベラーズノートのカバーを見つつ、かなりてきとーに開けちゃいました。

トラベラーズノートのカバー同様、裏表紙側の真ん中に穴を1つ開ける。
そして、トラベラーズノートのリペアキットのゴムやら留め金を使って、背にゴムを通し、金具でとめ、裏表紙のゴムも通す。
で、できあがり!
革の四方を角丸にするとか、細かいことはしなかったのですが、まあ雰囲気はでたかな?

課題
革は吟味せずに、ユザワヤ店頭にあったものを買ったので、質がイマイチかも。
翌年もジブン手帳を継続するなら、栃木レザーを買い、作りなおしたいな。
革の厚みは3ミリくらいなので、ほんとはもう1ミリ薄い革がほしかった。

穴開けのサークルポンチは、直径2ミリを購入したが、よくよくトラベラーズノートを見たら、1ミリか1.5ミリだったかも。
IMG_2621.JPGIMG_2623.JPG
ゴムひもをセットしたところの裏表
IMG_2624.JPG
ビニールカバーごと手帳をセット。カバーとしてではなくホルダー的な使い方ならこのビニールカバーは気にならないの。
IMG_2626.JPGIMG_2625.JPG
チャームをつけてみた。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。