So-net無料ブログ作成
検索選択

「中国 王朝の至宝」「出雲ーー聖地の至宝」展 [散策]

日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 特別展「中国 王朝の至宝」
平成館 2012年10月10日(水) ~2012年12月24日(月)

勤労感謝の日、ようやく思い腰を上げ、出かけてきました。
「中国に誕生した歴代王朝の都ないし中心地域に焦点を当て、最新の発掘の成果を踏まえながら、それぞれの地域の特色ある文物を対比し、新たな中国文明像をひもといていきます。」
という説明の通り、通史的な展示でした。
流石に全ての時代を取り上げているわけではないですが…。
時代の移り変わりと、変わっていく表現が興味深い。
膨大な展示は大満足。
とはいえ、時代をじっくり味わいたい時には物足りないかも。

面白かったのは蜀と殷、夏のところ。
三星堆の目玉の飛び出した大仮面など今の感覚で言うとユニークなものをながめていると、当時の人が何を思い、何をかたどってああしたのか…わくわくと考えてしまいます。
三星堆より新しい発見の金沙遺跡の遺物も多数出ていました。
金製仮面は写真で見た時はアガメムノン(本当は違うらしいけど)の黄金マスクのように、人の顔に近い大きさなのかと思っていたら、左右5cmくらいの本当に小さいものでした。
戦国時代の楚もユニーク!
羽人はガマみたいな(でも口には牙らしきものがある)生き物と鳥の上にのっていて、しかも鳥とも羽人もガマも尾があるし!
一体どういった神様なのだろう?
虎座鳳凰架鼓(こざほうおうかこ)も迫力!
斉の犠尊(ぎそん) はロバみたいな外見の可愛らしさ。
細かい細工が表面に施されていました。
後はやはり秦の兵馬俑。矢を射る兵士と鳥の管理人?の像が来ていました。

同時に展示にの終わる
東京国立博物館140周年 古事記1300年・出雲大社大遷宮 特別展「出雲―聖地の至宝―」
も見てきました。
出雲大社に行った時に資料館で
宇豆柱や大社の復元模型は見たはずだけど改めて見ると驚きがいっぱいでした。
大社の本殿は48mくらい、確か15階だてのビルくらいっていってたかな?
会社近くのあのビルくらいあったのか〜と、しかも階段は50mくらいの長さだというから凄い。
それが森の中に忽然と姿をあらわしたとしたら…。
古代の人たち、そりゃあ神々しくみえただろうなー。
神像は以前に白洲正子展で知ったのですが、今回は洗練されたタイプが数点展示されていました。

しかし、二つを1日でハシゴするのは、大変だったー。
ボリュームに圧倒されてアタマ真っ白σ(^_^;)

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。