So-net無料ブログ作成
検索選択

『差別と日本人』 [一般]


差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)

差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)



野中さんは政治家としてちょくちょく耳にする大物政治家という印象の人。自民党の議員という認識くらいしかありませんでした。近年この本にもでていた部落差別発言にかかわり記憶には残っていたけれど…。

この本は今は大物政治家や知識人として知られる二人が、生き抜いてきた世界をじっくり語り合っています。
どちらかというと、野中さんが辛さんにインタビューされています。辛さんが、野中さんの世界をえぐり出しつつ、日本に内在する他の差別をも読み解いていっています。
対談形式に辛さんの解説がついていて、俎上にのっている事件や背景についてはわかりやすくなっています。
そして、知らないことばかりで圧倒される感があります。
問題を知るとっかかりとして、良い本だと思います。

人間て、どうしてこうなんだろう? とちょっと暗澹たる思いにとらわれることも…。
でも、いつの時代だって、このように声を上げる人が私たちに知らしめてくれるのだ、と思うと人間の可能性に希望も持てます。
不景気で息苦しい世の中、人を貶めることにストレスのはけ口を求めてしまわないように…と自戒しつつ、願うばかりです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。